冬枯れの雑草

朝9:00からの新日曜美術館で
▽時を刻む水墨のススキ▽ 田渕俊夫 
 
見て感動した。
『見慣れた近くの風景や 草花をちがう角度から描く。
瞬間、瞬間のすべてを包み込んだ絵に・・
絵の中に 時を刻みたい・・・』と。
ススキの襖絵。 夏~秋へ 時の流れを墨の濃淡で表現!!
枝垂桜の襖絵。墨だけなのに 色を感じた~
雪景色の襖絵。こころ洗われるような。

刺激されたバーバ、外に出てスケッチしてみる。↓
f0179357_18224871.jpg

石垣に生えてるスズメの矢(だったかなあ?)
枯れた中に 青く伸びてるやんか~
ちゃんと
春につないでるんやね!!
雑草は逞しい!!

バーバは、寒さに震えたよ~

(イタドリの茎ペンで線描・顔彩で彩色・字は筆ペンで・・)
[PR]
Commented by シニア at 2009-01-12 14:47 x
マコさん 私も見ましたが すごいね~~!!!
枝垂れ桜、、、 墨だけで あのように色がついてるのでは?
そう思う絵って凄いですね!
それに すすきも・・・ 画法が面白いね。
さすが 箕面の すぐやる課のマコさんだね!
すぐに 外にスケッチに行く~~

絵も字も いいな いいな♪
Commented by マコ at 2009-01-12 22:12 x
シニアさん だんだん・だんだん(^^
あの襖絵すごかったですねぇ。画法も・・・
富士の裾野の青木が原。幻想的ですてきでした。 
今年はすこしイメチェンしたいなあ。
と思った新日美でしたあ~
彩煙墨も使いこなせるようになりたいなあ。
Commented by mayumi at 2009-01-14 20:38 x
墨の濃淡 マコさんの石垣も素敵   良いなぁ~
マコさんのワクワク感伝わってきます。
Commented by マコ at 2009-01-14 23:29 x
mayumiさん だんだん!
今年は いろいろ試してみようと思ってま~す。
葛筆の線 細筆の線 細い竹ペンやイタドリの茎篇などなど~ 彩煙墨も使いこなせるようになりたいなあ。。。。
できるかなあ?? よろしくね(^^
by mako-yuu | 2009-01-11 18:23 | 絵てがみ | Comments(4)